クラフト粒子散布中

ガンプラ工房 クラフト粒子の、ガンプラ作成日記

ドム・トローペン 作成開始

またまた期間が空いてしまいました。

新しいガンプラ作成ですが

札幌で行われる、HME2019に展示予定

ドム・トローペン

に行きます。

実は同級生が、ツィッターでDCMミーティングというドム改造コンペを主催していまして、私はそういったコンペに参加した事なく...いわゆるチャレンジです。

 

改造は比較的自由で、レギュレーションにのっとって、ドム・トローペンにしてみたんですが

 

改造に悩む!

 

どうしたら良いのか。

 

パーツのヒケを取ったりしながら悩んでいましたが

事前のテスト展示会から色々ヒントを貰いました。

釧路のミヤケ模型さんでも少々相談に乗ってもらい

私のイメージは上手くまとまったと思います。

 

f:id:rallyjapan2010:20190507212932j:image

まず、クリアー化して内部にモノアイを仕込むか悩んだ、頭部から。

モノアイをはめ込む手法で表現してみます。

穴あけしまして...
f:id:rallyjapan2010:20190507212944j:image

丸モールドを差し込みます。

このモノアイのリアル感が大事。

今後、私作のモノアイは、これを基本にしてみます。

そう、私はザクとかも好きですが、まだ本気で組んだ事が無かったんです。

ここも悩み所でしたが、これからはスムーズかと。
f:id:rallyjapan2010:20190507212940j:image

リアル感でました!


f:id:rallyjapan2010:20190507213003j:image

武装についても、方向性を決めるのに時間が掛かってしまいましたが、釧路のモデラーさん達とジャンクパーツ交換で、イカすミサイルポッドを頂きまして、大変イメージ通りに!


f:id:rallyjapan2010:20190507212950j:image

後は、追加し過ぎない程度にプラパーツ追加。


f:id:rallyjapan2010:20190507212948j:image

現実、一見普通なドム・トローペン。

しかし物資がまるで不足している、地上に残されたジオンの皆さんの、苦労を再現したく。
f:id:rallyjapan2010:20190507212959j:image

よーく見ると、左右で足が違います。
f:id:rallyjapan2010:20190507212955j:image

腕も左右で若干違いますが、この状態をベースに、これから作り込んで行きますよ。

連邦軍とは違うディテール追加をしなきゃ、同じになっちゃうので、そこも苦労しそう。

 

 

ちょっと宣伝

imagins.client.jp

 

 

 

 

 

HGUC 1/144 ブルーディスティニー1号機EXAM 完成

いよいよ、ブルーディスティニー1号機EXAMが完成しました。
今回は、裏側もちゃんと作ろう、がひそかなコンセプトでした(笑

f:id:rallyjapan2010:20190409161701j:image

全体的にレッドパールも吹いているので、そのままでも赤く光る仕様です。
そしてちょっとウェザリングしてるような仕上がりになっています。

f:id:rallyjapan2010:20190409161613j:image

そんなにディティール追加はしていません。
今回は軽い改造で済ませていますが
情報量はデカールで増やしました。

グラフィックについては自作。

陸ガン・陸ジム系に結構流用できる気がします。

そして、完成品にブラックライトを当てます。

f:id:rallyjapan2010:20190409161609j:image

ブオっと光ります。
実は青を通り越して蛍光オレンジがかなり浮いてきます。
即ち、結構上に塗っても良いのです。

f:id:rallyjapan2010:20190409161603j:image

シールド等武器は蛍光を入れてませんので、光りません。
ただ、レッドパールは全体のバランスをかんまみて吹き付けてあります。

f:id:rallyjapan2010:20190409161617j:imageビームサーベルも蛍光オレンジにして統一してみました。
ブラックライトで光らせるのって、結構面白いなぁとおもう作例を展示会で拝見したので、結構応用できたと思います。
(作例はガンプラではありませんでしたが)

f:id:rallyjapan2010:20190409161557j:image

ブラックライトを当てないと、このように普通です。
残念だったのは、ゴーグルではなく目を蛍光にしたのです。
しかしながら、赤いゴーグルをはめ込むと光がとっても弱くて、悪い目の光が無いのです
それが今回本当に残念でした。
ゴーグルそのものを蛍光クリアーしちゃえば、まぁ丸ごとは光るんですけどね・・・
写真ではわかりずらいのですが、わずかには光るんです。

さて、完成品アルバムはこちら↓
HGUC 1/144 ブルーディスティニー1号機EXAM

今回は4/9のジムの日に合わせてツィッター公開しましたが
ミニカーが忙しくてブログ更新等が遅れています(^-^;

それではまた次回作で(^-^

ちょっと宣伝

imagins.client.jp

HGUC 1/144 ブルーディスティニー1号機EXAM 組み立て開始

ブルーディスティニーですが、ジムの日に間にあわせるべく作っております。

ガンプラに納期を設定したことは無いんですが

ちとイヤですね🤣

さて、実はデカール貼りをしています。

f:id:rallyjapan2010:20190331140020j:image

頭部にもチラリ。

FAZZとパターンが同じですね💦f:id:rallyjapan2010:20190331140012j:image

自作デカールも含めて貼り付けです。

少々グラフィックラインを作りましたので。

ブルーディスティニーには白デカールとして。

他のモデルにはカラーだったり、色々応用していきましょう。

 

で、クリアーとレッドパールを吹いたら、組み立て開始出来ます。


f:id:rallyjapan2010:20190331140031j:image

下半身(笑)

f:id:rallyjapan2010:20190331140016j:image

腕。

いや実は

買っておいたガンダムデカールが行方不明に。

慌てて、また買ったのです。

肩等に貼るデカールが遅れているわけで💦


f:id:rallyjapan2010:20190331140028j:image

その間に、こちら。

スネアーマーは合わせ目を消さなければなりません。

f:id:rallyjapan2010:20190331140051j:image

接着して、合わせ目を消したらマスキングです。
f:id:rallyjapan2010:20190331140007j:image

そして、純正のガンダムデカールも貼り、仕上げに入ります。
f:id:rallyjapan2010:20190331140024j:image

足首は、青の下地と蛍光からやらなきゃなりません。

 

f:id:rallyjapan2010:20190331141017j:image

まずは組み上がりました!

しかし、組み立てで起きた微妙なトラブルや、最後の仕上げ作業を行わなければ。

後一歩!!!

続きは、ジムの日に(笑


ちょっと宣伝

imagins.client.jp

HGUC 1/144 ブルーディスティニー1号機EXAM 塗装の続き

下地に蛍光カラーをしこむグラデ塗装の続き。

上からを被せていきます。

f:id:rallyjapan2010:20190323235952j:image

今回は、二色あるブルーディスティニー色のうち、薄い青パーツ部位です。

同じく、濃い青のパーツも、下地塗装して行きます。

f:id:rallyjapan2010:20190323235922j:image

熱を持つ、もしくは排熱される場所を想像して、蛍光を吹きます。

f:id:rallyjapan2010:20190323235930j:image

スネは、かなり排熱してみました笑笑f:id:rallyjapan2010:20190323235949j:image

そして、濃い青を更に上から吹きます。

結構なパーツ数ですね。

HGUCの進化が凄いです。f:id:rallyjapan2010:20190323235935j:image

部品を仕分けしたり。

デカール貼り付けの想定をします。
f:id:rallyjapan2010:20190323235939j:image

をっと、内部フレームは作業順番がかわりまして

下地グレーの上から薄く蛍光を吹いていきます。

蛍光上からグレーを吹くと、かなり汚らしくなるからです💦
f:id:rallyjapan2010:20190323235944j:image

各パーツに、墨入れしていきます。

何気に楽しいひと時。

やはりこの作業をしないと、完成品はイマイチつまらない出来になるかなぁ...
f:id:rallyjapan2010:20190323235927j:image

さ、仕分け完了。

実はフレームは、更にルビーレッドを吹き付けておきました。

外装は、デカール貼り付け後に上から吹きます。

これで、EXAM起動時の悪い感じがアップするかと。

あと、普段の展示では、ブルーライトは当てませんから、展示技巧なしでもEXAM起動っぽくしたかったのです。

 

 

ちょっと宣伝

imagins.client.jp

HGUC 1/144 ブルーディスティニー1号機EXAM 怪しく光らせるために

さて、部品の仕分けも終わりましたので、先に明るい青の部分を塗装してみましょうかね。
まずは、ほんのちょっとディティールアップさせます。
合わせ目を利用した小技です(^-^;

f:id:rallyjapan2010:20190320155638j:plain

肩です。上部分はプラ板追加の、ちょっとした彫りでいいでしょう。
腕そのものは、段落ちだけにしました。
あとは、フトモモにちょびっと・・・


以前ホビージャパンで、

ウェザリングするなら、ディティールは最小限がベスト
というのを読みました。

あれ?ウェザリング

そう、ウェザリングのような、反対のような・・・そんな塗装をするんです。

 

足のアーマー一部は、接着後に合わせ目消しを行うので、今回は塗装しません。

これだけを、とりあえず下地します。


f:id:rallyjapan2010:20190320155919j:plain


下地のグレーも、薄め。
理由があるんです。

f:id:rallyjapan2010:20190320160339j:plain

そう、ちょっと蛍光オレンジを下地に仕込みます。
EXAM発動モデルで作成するのですが、仕上げにレッドパール以外に、他の方がやっていない塗装をしてみたかったのです。

一応この塗装方法はテスト済ですので、うまく行く・・・はず・・・だよきっと(笑

この上から、更にを吹きます。
グラデ塗装っぽく。 

  

 

 

ちょっと宣伝

imagins.client.jp

HGUC 1/144 ブルーディスティニー1号機EXAM 部品仕訳

また暫く弄れませんでしたが

分解しながらペーパー掛けしてました。

f:id:rallyjapan2010:20190310123814j:image

マシンガンの合わせ目消しはやってますが

 

んー、ちっさくて辛いな💦

 

他の合わせ目は、誤魔化したりディテールにしたり、まぁ工夫します。

 

肩はプラ板ディテール追加で上手く誤魔化せます。

アキレス腱付近が、ちとまずし。

 

んー、どうしようかな、的な部位もありますが

なんとかならんかなー...

 

f:id:rallyjapan2010:20190310124156j:image

こことか💦

 

ちょっと宣伝

imagins.client.jp

HGUC 1/144 ブルーディスティニー1号機EXAM 作成開始

FAZZが終わり、次はどうしようかなぁ

と考えていたら

ジムの日が近い

間に合わなそうだけど笑笑

 

ま、ならば

 

ブルーディスティニー1号機にいくか、と

f:id:rallyjapan2010:20190222234438j:image

パチパチしはじめました。

 

また厚真で大きな地震

組み始めると地震来るのか...

 

f:id:rallyjapan2010:20190222234543j:image

うむ、よく出来てます。

パチ組ではうまく隠れた合わせ目も、塗装すると目が出ちゃうので、段差げモールドしますかね。

 


f:id:rallyjapan2010:20190222234546j:image

バックパックの整形色は青なんね...🤣


f:id:rallyjapan2010:20190222234538j:image

片膝ついて、こんなポーズも。

かなりよく出来た可動。

参りました。

FAZZは非常に動きが制限されましたから(笑)、今回は素直に動くシンプルなのが良かったんです。

 

一応、塗装イメージはあるんですが、塗料の関係でテストします💦

f:id:rallyjapan2010:20190222234840j:image

下地は、まぁこのくらいですか。

もうちょい白くてもよい気がします。

f:id:rallyjapan2010:20190222234953j:image

発熱を表現する、蛍光オレンジ。

その上から、

f:id:rallyjapan2010:20190222235025j:image

青です。

緑っぽくなります。

下がオレンジだから💦

少しオレンジ減らしてもよいかと。

 

そして

f:id:rallyjapan2010:20190222235118j:image

ブラックライトを当てます。

発熱が激しい感じ。

車のブレーキローターに応用しようと考えてます。

 

なんとなく、1号機は陸戦であり、宇宙の様に放熱がいかない感もありますから、オーバーヒート寸前みたいな感じがよいでしょうかね。

 

これだけでは終わりませんが笑笑

ま、それは後日🤣

 

 

ちょっと宣伝

imagins.client.jp