クラフト粒子散布中

ガンプラ工房 クラフト粒子の、ガンプラ作成日記

黒いユニコーン、バンシィ(2) 完成

全然写真も取らずに作業をしてしまったので
あっという間に完成です。
というか改造点も無いですしね(^-^;

息抜きに塗装、って思ったら重たい作業でした。

さて、完成写真。

金色に反射するので面白い出来ですよ。

 

f:id:rallyjapan2010:20220124133418j:image

このバンシィのアームドアーマー、当初はあまり好きに思えなかったんですが
今は装備としてアリ、と
見慣れたんでしょうね(笑


f:id:rallyjapan2010:20220124133420j:image

シールドのデカールちょっと悩んだのです。
上下反対になっちゃうでしょう、こんな風に。
しかし、アームドアーマーが無ければシールドとして普通に装備しますから、まぁこれで良かったのかなと。

f:id:rallyjapan2010:20220124133435j:image

この様に、立ち姿はしっかりキマるので、飾っておいて損はないです(笑

なにせHGなのに細かい。
そして、パーツのポロリがない。

ストレスフリーです。


f:id:rallyjapan2010:20220124133415j:image

こう写真を撮ってみると、ツノの金とサイコフレームの金が同じに見えますね。

実物を見ると全然違うんですが。


f:id:rallyjapan2010:20220124133425j:image

そして、UVライトを普通にあてると
覚醒色に輝きます。

UVライトにあるフィルターを通して黄色く光らせたかったんですが
何故か見つからず・・・ちと写真撮影に準備不足でしたm(_ _)m


f:id:rallyjapan2010:20220124133413j:image

股関節の仕組みがちょっと古いので、あまり大きなポーズは取れません。


f:id:rallyjapan2010:20220124133408j:image

が、これも光らせて遊ぶ。
面白いでしょ?

LEDで光らせるのも有りですが、こんな秘密の仕組みで光るのも面白いです。


f:id:rallyjapan2010:20220124133400j:image

リディのデルタプラスに振り下ろされるアームドアーマー

f:id:rallyjapan2010:20220124133431j:image

シールドブースターレスの、通常のバンシィ

本編ではこの状態での登場ですよ。
ノズルはリアル思考の焼き塗装。


f:id:rallyjapan2010:20220124133433j:image

ツノがド派手なので、なんか顔の位置が解らなくなりますw

 

f:id:rallyjapan2010:20220124133410j:image

シールドブースターっていう装備ですが
AOZとかでも結構あったのですが
アニメーションで行われたのってバンシィノルンしか記憶にないです。
今回の作例は物理ブースターはついてないので、サイコフレームによるブースターです。

f:id:rallyjapan2010:20220124133423j:image

胸部の造形もいいんですよ。
金色のデカールが異様にマッチしますから、チョイスしてみてほしい。


f:id:rallyjapan2010:20220124133403j:image

足の構造も気に入っています。

特にスラスターの青焼きは行いませんでした。

f:id:rallyjapan2010:20220124133428j:image

アームドアーマーは折りたたみは出来ない固定になっています。

一応どちらかは選べると嬉しかったかも。


f:id:rallyjapan2010:20220124133405j:image

このアームドアーマーの威力は凄かったですね。

 

さて、次回は何を作ろうかな・・・・

今後は、お仕事で作った模型も載せていこうと思います。

黒いユニコーン、バンシィ(1) サイコフレームの表現方法

ゼータプラスのお休み中、ちょっと塗装で遊んでみたくて
HGのバンシィをパチ組したりしてました。
ジャンクのバンシィとかもあり、全部組み替えたらどうなるかなぁ、部品たりるだろうか・・・

と組んでみたら

バンシィバンシィノルン、アームドアーマーなしのフェネクス

が組み上がったのです。
ジャンクは、部品が壊れていたりしましたが
まぁ全然補修可能というか

 

で、バンシィは2種類あるという事で

 

f:id:rallyjapan2010:20220121095418j:plain

まずはどっちを塗ろうか?
と。
装甲の基本塗装は同じになるのですが

サイコフレームの輝きは変えたいですよね。

 

まずはマリーダが乗ったバンシィからにしますか。

f:id:rallyjapan2010:20220121095434j:image

装甲表面の仕上げのテストをしています。
サイコフレームの輝きは金ですが
装甲のエフェクトもゴールドパールにします。
即ち、リディのバンシィノルンはグリーンパール仕上げになりますね。

f:id:rallyjapan2010:20220121095443j:image

ハッキリなのか、微妙でもいいのか

サイコフレームの表現と、各所の金色の塗装とはわけないとならん。
で、サイコフレームそのものは、発光イメージもありますから
グロス仕上げ。
他はセミグロスにしました。
なお、サイコフレームは発光しなきゃならないので、キャンディ塗装ではありますが工夫しました。

 

f:id:rallyjapan2010:20220121095421j:image

サイコフレームの輝き部分と、通常の関節ユニットの色分け。
勿論全体発光表現なので、関節もゴールドパール。

目が疲れないだろうかコレ?w


f:id:rallyjapan2010:20220121095445j:image

問題は
パーツが多すぎて一度に塗れないのです(笑
そこで、僕はあまりやらないのですが
ボディ、足、手 といった分割で作業することにしました。

f:id:rallyjapan2010:20220121095456j:image

デカールは金色の新しいデカールを使います。

クリアー塗装でグリグリに保護してから退色処理を施します。

地味に作業量が多い。


f:id:rallyjapan2010:20220121095423j:image

クリアーホワイトで退色したら、セミグロスで装甲を仕上げます。
で、ボディのみ組立。


f:id:rallyjapan2010:20220121095426j:image

実はジャンクでバックパックは破損があるのですが
全然解らなくなったかと。

ノズル系の処理はジムキャノンと同じ。


f:id:rallyjapan2010:20220121095431j:image

頭も載せて、ゴールドパールをちょっと楽しみます。


f:id:rallyjapan2010:20220121095440j:image

あと、発光状態をチェックします。

暗い場所でなくてもそれなりには光ってほしいかな。


f:id:rallyjapan2010:20220121095437j:image

足と、シールドをセット。
シールドは余剰パーツでついてくるんですが、勿体ないのでサイコフレームシールドブースター的に装備しておきました。

外しておくのも付けておくのも、全然アリですから。

 

f:id:rallyjapan2010:20220121095454j:image

肩とシールドには、金色で印刷したオリジナルデカールを貼りつけ。

ビスト財団のデカールとか、金色ないですからね・・・・

 

f:id:rallyjapan2010:20220121095451j:image

腕も装備。

中々悪いですね~(笑

で、結構気に入ってます。
ガンプラが無い無いというこの世の中ですが(笑)、バンシィは沢山売ってるので作って見ては?


f:id:rallyjapan2010:20220121095448j:image

とにかく部品数が多い。
股関節はフトモモ側が弱いので、仕上げは接着がいいのでは。
ボールジョイント式ですが、動かしているとフトモモが分解しはじめます。


f:id:rallyjapan2010:20220121095459j:image

忘れていた(笑)、肩のパーツ。
で、これマスキング塗装なんですよね・・・面倒でした。
サイコフレームにはゴールドパーツは吹いていませんので、そこも合わせてあります。


f:id:rallyjapan2010:20220121095429j:image

光りはじめましたよ。
ただ、UVライトにフィルター入れてないので
覚醒色になってしまう。

UYライトのフィルター作らないと・・・・(って、間に合わなかったんですが)

 

次回は完成写真。

MG ゼータプラスC1(10) 完成アルバム

それでは、完成したゼータプラスC1の写真撮影。

今回は白バックにしてみましたが、実はとりたい写真は黒背景。
黒背景については後日ネタで公開します。
(撮りたい画の為にもうちょっと小物が必要でして)

 

f:id:rallyjapan2010:20220117153941j:image

ビームスマートガンを装備しての立ち姿。

僕の部屋の展示物では2個目の長物。
ジュノーンのパイドルスピアより存在感があります。


f:id:rallyjapan2010:20220117153933j:image

ビームスマートガンを立てかけて。

この構図の方が最近多い気がします。


f:id:rallyjapan2010:20220117153924j:image

ビームスマートガンを持っての、アップ。

脇の下のヒートシンクがちょっとオキニです。

 

f:id:rallyjapan2010:20220117153936j:image

バックビューが凛々しい。

色分けが良かったかな。


f:id:rallyjapan2010:20220117153938j:image

そしてかなり気に入っている、センチネル設定画立ち。

この写真で、MGゼータプラスに詳しい人は今回の改造の利点も欠点も一発で見抜けるかと・・・w

f:id:rallyjapan2010:20220117153927j:image

設定とは違うんですが、バインダーユニットの一部カラーと
プロペラントタンクの配色が違います。


f:id:rallyjapan2010:20220117153922j:image

今回のキモ、ボディの延長と股関節の新造。
内部フレームから膝までの改造が面白かった。

A1もMGで作りたいけど
A2ヘッドがいいんだよなぁ・・・・


f:id:rallyjapan2010:20220117153930j:image

増加ブースターのノズルをシタデルにしてみました。
何気に初シタデルなのですが

確かに発色よくて使いやすい。
乾いてないうちに拭き取れますし。

アーティファクトの塗装に使ってみようかな。


f:id:rallyjapan2010:20220117153944j:image

脚部のスラスター塗り分けもちょっと気に入ってます。

脚部の外側は、やっぱり合わせ目消したほうが良いですね。

そうするとA1とかになると如何にすり合わせられるか、なのか
それともマスキング塗装なのか・・・


f:id:rallyjapan2010:20220117153919j:image

ハンドパーツは、実は自分で販売している汎用品なのですが

ゼータプラスに何気に似合ってました。

純正可動指って、以前は嬉しかったんだけど

最近は動かない方がストレスないなぁ・・・・

 

さて、MGゼータプラスC1は今回で終了。

次回作るときは、肩関節も強固になるようにもうちょっとフレーム見直してみますね。

 

MG ゼータプラスC1(9) ディティールアップ

ゼータプラスの仕上げに入ります。
本体の強度や、ディティールアップも含めて最後の調整です。

 

f:id:rallyjapan2010:20220116222840j:image

まずは、部品を設計して3Dプリントしちゃいます。


f:id:rallyjapan2010:20220116222812j:image

まずは脇に設置するヒートシンク
腕の根本の強度を上げるのも目的です。
あと、ジェネレーターは脚部ですから、ちょっとヒザにもヒートシンクを設置。

 

f:id:rallyjapan2010:20220116222837j:image

こちらは出力済でしたが、バインダーユニットの変形時の接続マウントを金色で接着。

f:id:rallyjapan2010:20220116222832j:image

こんな風になります。

合わせ目が目立つので、上から貼ることに。

くりぬいて中から部品をむき出しても良いのかも。


f:id:rallyjapan2010:20220116222803j:image

リアの腰アーマーも設置。非可動ですが稼働しそうなマウントにしました。


f:id:rallyjapan2010:20220116222826j:image

バインダーユニットに接続になる、プロペラントタンク。

マスキング塗装で。

f:id:rallyjapan2010:20220116222809j:plain

ビームスマートガンも、合わせ目を消しています。

マスキングしながら合わせ目を消して塗装していきます。

f:id:rallyjapan2010:20220116222834j:image

ハンドパーツはオリジナルなのですが、平手の在庫が不足していたので出力。

ボールジョイントはゼータプラスに適応のサイズを接着。

f:id:rallyjapan2010:20220116222800j:image

増加ブースターユニットのノズル部位。

まだ塗ってなかったんですよ(笑
シタデルの筆塗で、ノズル内部を塗装。

いい色です。


f:id:rallyjapan2010:20220116222829j:image

遂にここまで来ましたね。

もうほとんど完成ですが、もうちょっと細かいパーツの追加が必要なんです。

頭部やビームスマートガンにクリアーパーツを貼り付けないと、です。


f:id:rallyjapan2010:20220116222805j:image

レドームHアイズを接着です。


f:id:rallyjapan2010:20220116222823j:image

あと、ビームスマートガンのこの合わせ目。

上からディティールパーツを貼ります。


f:id:rallyjapan2010:20220116222816j:image

これでスッキリ(笑

f:id:rallyjapan2010:20220116222820j:image

頭部背面のディティールも、以前出力しましたので塗装して接着。

 

頭部のクリアーパーツも接着して、いよいよ完成です。
次回は完成アルバムです(^-^

 

MG ゼータプラスC1(8) 足の合わせ目

色々迷った、MGゼータプラス足の合わせ目です。

内部フレームの露出があるので、2分割のモナカになっているのですが
これをしっかり接着してしまいます。
即ち内部フレームは見えなくなるのですが、ちょっとブカブカするのがあまり好きではないので固定です。
なお、A1ではこのモナカで綺麗に色分けになっているんですが
A1作るときも一考したほうが良さそうですね(^-^;

 

f:id:rallyjapan2010:20220114100618j:image

マスキングしながら、モナカの合体作業をします。
マスキングがめくれない様に合わせていきます。
内側のスラスターは、うまく剥がせるように最小限にしましょう。


f:id:rallyjapan2010:20220114100632j:image

心を鬼にして、がっちり接着。
瞬着で硬化させて一気に切削作業に入ります。

勿論スジボリもやり直さなければなりませんが、難しい形状ではないです。

f:id:rallyjapan2010:20220114100615j:image

合わせ目を消したので、レッツスジボリ

写真忘れました・・・・
ガイドテープを貼って彫っただけです。

f:id:rallyjapan2010:20220114100610j:image

足の合わせ目内側については、段落ちモールドにしてみたのですが
それによって削り落としたディティールもあります。

腕と同様にプラ板で再現します。

f:id:rallyjapan2010:20220114100612j:image

両足同じ位置になるように、マスキングテープとかで目印をつけておくといいです。

表面もなだらかにしないとね。


f:id:rallyjapan2010:20220114100607j:image

塗装が終わって、マスキング剥がしました。これは高まります。
スラスター系をEXゴールドにしてみました。
ちょっとヒロイックな配色。


f:id:rallyjapan2010:20220114100621j:image

デカールを貼って再コート中です。

足の関節はパイピングとかありますので、軽くマスキング。


f:id:rallyjapan2010:20220114100624j:image

リアスタビライザーの塗装とデカール貼り付けです。
黄色の帯まで塗装で処理。

デカールを貼り付けていきます。

02号機で作っていますから、

文字も違います。
CではなくB、なんですよね。


f:id:rallyjapan2010:20220114100626j:image

ここまでの組立。

やっと凛々しくなりました。

ボディの延長だけでなく、股関節の構造によって足が長く見えるのも良い改造でした。
足そのものの延長はしていないです。


f:id:rallyjapan2010:20220114100629j:image

リアビュー。
これから色々なパーツがゼータプラスに追加されていきますが
やっぱり肩の関節が弱いので
補強の意味も込めて新パーツを設計。

接着することでがっちりします。

その他諸々、次回ということで。

MG ゼータプラスC1(7) 作業再開

今年もよろしくお願いいたします。

作業が中断していた、ゼータプラスC1です。
正月に何か個体を組もうと思っていたのですが

トラブル続きで
ゼータプラスの完成を目指そう、となったのでした(笑

 

さて、

 

f:id:rallyjapan2010:20220111145248j:image
胸部のディティールですが
スジボリしてディティール追加作業しました。


f:id:rallyjapan2010:20220111145238j:image

フレームに組み付けてみたりして、状態チェックしてます。
どうも、鎖骨の位置がよろしくない悪寒・・・(笑

f:id:rallyjapan2010:20220111145226j:image
後で後悔したのですが
腕の付け根までちゃんとモデリングしてみるべきでした。
反省。
次回のゼータプラスでは、強度がある様に再設計しましょう。
足の可動ユニットはキチンと収まり、わき腹とのバランスもいいです。
この寸法は変更の必要はもうないでしょう。

f:id:rallyjapan2010:20220111145241j:image

足の合わせ目も結構な攻撃力です(笑
表側は普通に合わせ目を消していけばいいと思いますが
裏側はちょっとスラスター部位の処理とか面倒なので
段落ちモールドにしました。

f:id:rallyjapan2010:20220111145223j:image

頭部の裏側モールド。

3Dモデリングでサクサクしてみました。

これも自分の中ではデザインがパターン化していきそうですが・・・・

f:id:rallyjapan2010:20220111145235j:image

勿論接触は無しですが
全然見えなくなりますね(大笑
そういえば頭部は前後に延長してるんでした(^-^;

f:id:rallyjapan2010:20220111145254j:image

バインダーユニットの接続部は、単純に凹んだモールドの上
合わせ目があるんですよ・・・・
丸ごと見えるとかっこ悪いので
カニカルなパーツを貼り付ける事にします。
カッパーかゴールドのカラーにすると、変形時の接続ユニットに見えますよね。



f:id:rallyjapan2010:20220111145251j:image

さて、真面目に塗装を開始します。
大体の工作は終わったかなぁと。
足とビームスマートガンについては、アトハメとか無しでマスキングしながら組み立てて塗装していきます。

f:id:rallyjapan2010:20220111145228j:image

まずは上半身を。
胸部の固定もあるので、その固定接着中に足の処理しますか。

胸の位置をしっかりしないといけないので、硬化に時間かかる接着剤で位置合わせしていきます。

(強度も出ますしね)


f:id:rallyjapan2010:20220111145246j:image

非変形にするので、バインダーユニットの根元も固定したほうが良いです。
ここ、ものすごくユルユルなんですよ(^-^;

f:id:rallyjapan2010:20220111145231j:image

久々の足の接続。
フトモモ内部の構造が良くわかります。
膝上部は色々ギリギリなんですよね・・・・

f:id:rallyjapan2010:20220111145243j:image
真正面から。
スマホで撮影してるので足が短く感じますが
実物はちゃんと股関節の改修によって足の長さのバランスも撮れています。

 

さて、次回は足の合わせ目処理からですね(^-^

HG 1/144 ジムキャノン 完成

ジムキャノン空間突撃仕様、完成です。

速いですが、実際塗装していた期間も短いです(笑

無改造ですしね・・・

 

f:id:rallyjapan2010:20211222102652j:image

カナリのスタイリングではないかと。
このオリジンのジム(ザクもだけど)は、本当に出来がいい。


f:id:rallyjapan2010:20211222102705j:image

背面もしっかりしています。
キリっとしたこのボディライン、中々よいですね。
キャノン部位は寸法の問題もありますが
頭部の可動と干渉するので動きは制限されます。

f:id:rallyjapan2010:20211222102707j:image

本来、キットではこの様にシールド無しなのです。
ビームスプレーガンは換装しています。
ハンドパーツ内で接着固定しています。


f:id:rallyjapan2010:20211222102712j:image

少々キャノンは左右に可動できますが、やはり頭部との干渉が気になります。
まぁ作戦行動上、あまり関係ないのかもしれないですが・・・
でも、首の改造等も一切不要。好みの首の角度は可能ではないでしょうか。


f:id:rallyjapan2010:20211222102654j:image

アクションポーズ。
実は機敏に動けると思うんですよね。
脇腹の可動が凄い。


f:id:rallyjapan2010:20211222102714j:image

射撃体勢に。
編隊の固定で援護射撃ですね。


f:id:rallyjapan2010:20211222102709j:image

今回は、特に足が良くできたなぁと思います。
チッピングも面白いですしね。
元々エッジが効いてるのでヤスリ掛けもしやすかった。


f:id:rallyjapan2010:20211222102657j:image

暫くこのノズルの焼け表現で行こうと思います。

目立たないのに存在感がちょっとオキニ


f:id:rallyjapan2010:20211222102702j:image

アンテナ部分は余計なモリがあるので、カットしてヤスリで整える必要が。
まぁその辺はガンプラではみんなそうですけどね。

頭部のセンサー類はモールドも素晴らしいので、シルバーに筆塗しただけでスミイレもしてませんよ(^-^


f:id:rallyjapan2010:20211222102659j:image

関節の色は、薄めのガンメタなのですが
ウェザリングで雰囲気は良くなったと思います。
今作っている作品にも、ちょっとこの関節色を使ってみました。

 

そちらは年内で上手く仕上げれると思います。

 

それではまた(^-^)ノ