クラフト粒子散布中

ガンプラ工房 クラフト粒子の、ガンプラ作成日記

HGUC 局地型ガンダム FAカラー作成

忙しくてブログも更新できない日々ですおはこんばんちわ。 

最近作成した、局地型ガンダムです。
実はパチ組で救出した個体なのですが
以前ガンダムAに付録でついてきた「試作型ロングレンジビームライフル」を持たせてみたらしっくりきまして(そりゃそうだ

f:id:rallyjapan2010:20200612092727j:image

もう一味欲しいなぁって思ってそのまま飾っていたのですが

フルアーマーガンダムっぽい色にしよう

と思い立って分解開始。

f:id:rallyjapan2010:20200612092746j:image

ブレードアンテナを削って鋭く、ね。
幾つか色分け的に部品を仕分けました。


f:id:rallyjapan2010:20200612092759j:image
まぁ、オレンジとかフレームのグレーにあたる部位から塗装スタート
今回は超速攻です。

f:id:rallyjapan2010:20200612092713j:image

北米戦で活躍した「らしい」という局地戦ガンダム
その後どうなったかは不明との事ですが(FSDとは違う個体)
とりま陸戦で使い込んだ表現にします。
間接のスミは、サンドをつっこみます。


f:id:rallyjapan2010:20200612092802j:image

ちゃっちゃとクリアー塗装後にトップコート


f:id:rallyjapan2010:20200612092739j:image

さて、こちらがフルアーマー色に塗装中の本体。
既に黒下地からのシリコンバリアチッピングを行っています。


f:id:rallyjapan2010:20200612092720j:image

スミはもちろん間接同様サンドです。
汚しすぎない様に注意しつつ・・・

f:id:rallyjapan2010:20200612092825j:image
頭部のスミイレ
全部が全部サンドのスミ、という訳ではないのです。
部位で使い分けましょう。

f:id:rallyjapan2010:20200612092717j:image
一度クリアー吹いてからデカール貼り付け。

f:id:rallyjapan2010:20200612092735j:image
案外一番楽しい時間かもしれません。
最近チッピングしてないので、ちょっと禁断症状出ています(笑

f:id:rallyjapan2010:20200612092822j:image
ミリタリー感出ましたかね?

f:id:rallyjapan2010:20200612092731j:image

実は僕が結構好きな「ショルダーキャノン」です。
これは黒スミの後にサンドいれたり。(勿論他の部位もですが)

f:id:rallyjapan2010:20200612092750j:image
色々整ったところで、再度クリアー塗装してからトップコートしなおします。

f:id:rallyjapan2010:20200612092805j:image

さて、こちらの試作型ロングレンジビームライフルは、どう仕上げましょうかね。

バレルは2発しか持たないので、これはあまりチッピングすると仕様と理屈が合わなくなります。


f:id:rallyjapan2010:20200612092814j:image

さて、本体組み立て。
フラッシュ炊くと色が明るくなりますが、実際はもうちょっとダークです。

f:id:rallyjapan2010:20200612092810j:image
ランドセルのスラスターがめちゃくちゃ多いです。
一応青焼きしました。

f:id:rallyjapan2010:20200612092755j:image
試作型ロングレンジビームライフルを構えてみます。
少々苦しい・・・w

f:id:rallyjapan2010:20200612092818j:image

兵装を決めました。
ビームライフルは陸ガンから。
試作型ロングレンジビームライフルは、盾にもマウントできました。
ちょっとこういう荒々しいマウントが好きな僕です。


f:id:rallyjapan2010:20200612092724j:image
ビームライフルも本体色に合わせて。
この辺りの流用も面白いですね。

f:id:rallyjapan2010:20200612092743j:image

 本当は、試作型ロングレンジビームライフルの中身は
UVライトで光るんですが・・・

 後日の写真撮影ではやりませんでした(^-^;

でもま、ひそかなる機能です(笑

  

 

ちょっと宣伝

imagins.client.jp

 

ジュノーン、撮影

一応完成とした、ジュノーンの撮影です。

いくつかの完成品と一緒に撮影することが多いので、ちょっと撮影遅れたりします(^-^;

 

さて、純白のMHジュノーンになったかな?

 

f:id:rallyjapan2010:20200517101754j:plain

後期型ジュノーンの、有名な?ポージング
これ無くしては語れませんかね。

 

f:id:rallyjapan2010:20200517101741j:plain

兵装とのバランスから、どれだけキットとの身長差、バランス差が出たかわかると思います。
部品形状の変更はしていないわけですから、原型のすばらしさは秀逸だと思います。

感謝!!!

 

f:id:rallyjapan2010:20200517101835j:plain

どの角度からもバランス良くなったかな、と

 

f:id:rallyjapan2010:20200517101853j:plain

本体の素立です。
足は伸びましたが、そうすると上半身のバランスが狂うので
これまた腕や首の位置調整が必要になります。
特に首については、そのままだと天を見上げるようになってしまいます。


f:id:rallyjapan2010:20200517101905j:plain

手足が長いですね、と言われることがありましたが
実は腕そのものは伸ばしませんでした。
ただ、手はレッドミラージュの手と交換してあります。
キットのメタル製は小さいです。
あと、股間フロントのアーマーは取り付け位置を下げています。

 

f:id:rallyjapan2010:20200517101919j:plain

スカートの中にもちゃんとアーマーがあります。
確かに作っているときは、ただスカートが捲れただけ、みたいな状態に見えましたね(^-^;

 

f:id:rallyjapan2010:20200517101934j:plain

ではフル装備。
ベイルはアキュートにステーを挟んで、ベイルのポリを差し込む仕様。
回転軸もありますし、スライド機構も使うときちんと持てます。
パイドルスピアは確かに長いです(笑

 

f:id:rallyjapan2010:20200517101951j:plain

肘の可動が渋めなので、重みで肩が回ります。
まだ肩は完成してないので、軸の太さは変えてないです。
ちょっとキツめにする必要があります。

 

f:id:rallyjapan2010:20200517102002j:plain

パイドルスピアは手に固定してるわけではないのですが
今は真鍮線で接続しています。
そのうちスピア側に真鍮線を固定します。

 

f:id:rallyjapan2010:20200517102013j:plain

そんな、大変なジュノーンでした。

でもいろいろと面白いところもありました。

腕試しに?作ってみては。
心残りとしては、肩のアーマーは3分割したかったです(^-^;

 

 

ちょっと宣伝

imagins.client.jp

 

ジュノーン、組み上がる。

今回は、ポリキャップ等でバランスをとっていた部位にパーツを挟み込みます。

首の位置を変更すること、肩幅をきっちりキメること。

どちらも、3Dモデリングでサクサクパーツを作って出力しちゃいます。

  

f:id:rallyjapan2010:20200516161149j:image

首の位置を前に1mm、上に5.5mm移動しますので、首に軸付きスペーサーを入れます。

本体の軸に差し込めるようにできています。
肩幅は3.2mm外に移動しますので
モーターヘッドらしいディティールのスペーサーを作って、肩の軸に挟みます。


f:id:rallyjapan2010:20200516161210j:image

このように挟み込んで、プロポーションが固定になります。


f:id:rallyjapan2010:20200516161248j:image
両腕も頭も取り付けて、バランス確認します。
全然問題ないので、軽くペーパー掛けただけで塗装しちゃいます。
パーツに積層は殆どありません。

f:id:rallyjapan2010:20200516161251j:image
塗装して組み込むと、そんな改造をしたとは思えないように馴染んでしまいました。

f:id:rallyjapan2010:20200516161241j:image
首は浮きますから、内部はガンメタ塗装しておきます。

f:id:rallyjapan2010:20200516161201j:image
これで完全自立した状態。
まだ実剣の塗装をどうするか悩んでいます・・・(笑

f:id:rallyjapan2010:20200516161226j:image

実剣はゴールド単色にするつもりはないので、マスキング塗装しなきゃならないですね。配色が決まったら作業します。


f:id:rallyjapan2010:20200516161217j:image
ベイルですね・・・・

表面がでっこぼこですね(^o^;
これはかなり厳しかったです。モールドがなくならないように削り続けました。

f:id:rallyjapan2010:20200516161157j:image
腕に取り付けのバランス確認。
ベイルが地面につかなくても、しっかり保持できています。
そこがかなり重要で(^-^;

f:id:rallyjapan2010:20200516161143j:image
カカトのアンカー?も軸を仕込んで完成。
中に仕込んだポリキャップに差し込みます。

f:id:rallyjapan2010:20200516161259j:image

パイドルスピアも苦労した結果
クリアーを厚く吹くと凸凹が目立たなくなり(^-^;;;
でも、ぱっと見わからない程度には曲がりがあるようです。
やはりいつかは作り替えなきゃならない部位ですね・・・


f:id:rallyjapan2010:20200516161222j:image
ベイルも組み付けて様子を見ます。真っ白に塗装は完了したのです。
何度もマスキング塗装をしなければならないので、

結構手間ですねこれは(^o^;

f:id:rallyjapan2010:20200516161234j:image
実剣も配色きめまして
結局ほとんど白になります(爆

f:id:rallyjapan2010:20200516161146j:image

ついにベイルのマスキングも。
まず中央の緑部位から塗装してきますよ。


f:id:rallyjapan2010:20200516161230j:image

うまーく塗れますように、と拝んで(笑)塗装。
範囲が広いので、妙なムラが出ないように慎重に。


f:id:rallyjapan2010:20200516161237j:image
マスキングミスもなく、きれいに塗れました。
乾燥したら、次はフチの塗装をするためにまたマスキングなのです・・・

f:id:rallyjapan2010:20200516161310j:image

割愛しましたが
青く塗装。
紺にするか悩みましたが、緑が強いので、ちょっと止めに鮮やかな青に。


f:id:rallyjapan2010:20200516161256j:image

デカールとクリアー塗装です。
表面がギラッギラになるように
なお、大きいので缶スプレークリアー塗装です。
(1層目はエアブラシ)


f:id:rallyjapan2010:20200516161213j:image
実剣を装備して
美しいジュノーンが完成しました!
うーん、厳しかった(笑

f:id:rallyjapan2010:20200516161303j:image
肩のアーマーの後ろの突起、実は稼働させようと思ったのですが
諦めました・・・中に部品を仕込めなくて。

f:id:rallyjapan2010:20200516161244j:image
塗装したベイルもしっかり保持して撮影。
うーん、ベイルのフチの青、いい色に仕上がりました。

f:id:rallyjapan2010:20200516161153j:image

足の改造で、ここまで立ち姿がキマるようになります。
ぜひ足は延長してみましょう。
次回作成することがあったら、足をちょいと細く改造します。
(もうプランはできてます)


f:id:rallyjapan2010:20200516161306j:image

ビブラ・コーラス!
ベイルがちょっと小さい気がしてきますw
それだけジュノーンの身長が伸びたんです。
実は、同じWAVEの1/100レッドミラージュに追いつきつつあります。


f:id:rallyjapan2010:20200516161207j:image

足の稼働のテスト。
このポーズは・・・バッシュ・ザ・ブラックナイトであったポーズですね。

 

実はこれでも未完成ですが、一度完成とします。

追加のパーツは気力が・・・というか、一部可動方法が決まってないの。

 

ちょっと宣伝

imagins.client.jp

 

ジュノーン、塗装開始

いよいよ塗装に入ります。
グリーンの部位は、ちょっと考えがったのですが
うまくいったようないかないような(笑
これぞまさに「微妙」ですね。 

 

f:id:rallyjapan2010:20200510152424j:image

下地に、ラリーカーで以前使用したグリーンを使用します。
この上から、蛍光クリアーグリーンをハイライトに強め
クリアーグリーンを陰部分に強めにお互いのグラデーションをします。


f:id:rallyjapan2010:20200510152440j:image
拡大写真だと、それなりに効果が出ているようですね。
ちょっと離れるとただの緑です・・・(大笑

f:id:rallyjapan2010:20200510152505j:image

ベイル裏の大穴は、ソフビパーツ側のカットもして、エポパテで成形しました。
これでいいのかはわかりませんが(笑


f:id:rallyjapan2010:20200510152419j:image

僕の嫌いな、マスキング大会です(^-^;
この部位は結構鬼門ですよね。
マスキングテープを曲線状に切って、左右からはさみ貼り付けます。


f:id:rallyjapan2010:20200510152436j:image

ヘッドのファティマハッチ?は、ジュノーンの作例に色々見かけるのですが
僕はクリアーブルーにしました。
シルバーからのクリアーブルーを何度も根気よくエアブラシしました。


f:id:rallyjapan2010:20200510152501j:image

地獄でした・・・このマスキング
もうやりたくないって思います、普通に(^-^;


f:id:rallyjapan2010:20200510152512j:image

フレーム部位は、実はガンメタを吹いた後にクリアーブルーです。
(蛍光ではない)
スミを入れようにも、もうここまで来たらこのままでいいと思う。
クリアー吹いて、光の反射で凸凹感を感じましょうか(笑


f:id:rallyjapan2010:20200510152443j:image

実は作成しているときから、首のすわりをすごく気にしているんですが
キットのままはめ込むと、すごく沈んで上向きになります。
これは後日のブログでも書きますが
首位置の変更アダプタを作ります。


f:id:rallyjapan2010:20200510152521j:image
スミを入れられるパーツから、どんどんスミ入れしておきます。
クリアー塗装で仕上げますからね。

f:id:rallyjapan2010:20200510152533j:image
そして、ついに怒涛のクリアー塗装です。

最終的にEXクリアを3~4回吹いてます。

f:id:rallyjapan2010:20200510152416j:image

長いなぁ、パイドルスピア(^-^;
正直、縦にたてかけた持ち方しか展示スペースはないのですが


f:id:rallyjapan2010:20200510152446j:image
持たせてみるとこんなかんじ。
手との接続は真鍮線にしました。

f:id:rallyjapan2010:20200510152454j:image
スミとクリアー終わったら
デカール貼り付けもありますが、まずは組み立て。
方のデカールの角度が気になりますしね(^-^;

f:id:rallyjapan2010:20200510152509j:image
まだ部品の接着作業はできませんよ。
デカール貼りからのクリアー塗装もあります。

f:id:rallyjapan2010:20200510152432j:image
腰のサイドスカートも、開く可動についてはオミット。
根元でボール可動するだけにしました。

f:id:rallyjapan2010:20200510152428j:image

首の喉ぼとけにパイピング。
この接着ができて、正確な位置決めができるなぁと(^-^;
首の移動距離は前方に1mm、情報に5mm程度。
(次のブログにて。この写真は頭をのせてるだけ)


f:id:rallyjapan2010:20200510152525j:image
スミとクリアーのしっかり作業しまして
遂にジュノーンといえるカラーリング、立ち姿に。
結構ここまでキツかったですね(^-^;

f:id:rallyjapan2010:20200510152518j:image

スカートもちゃんと纏まりましたね。

では、ちょっと次回は追加部品 の作成から。

 

 

ちょっと宣伝

imagins.client.jp

 

ジュノーン、本体下地完了

脳内設計だった肩アーマーのマウントですが
しっかり実現できてよかったです(^o^;
パーツがまだ少ないですが、一度しっかりとそうして立たせるところまで行きたいと思います。

今回は、サフ、磨く、サフ、磨くの戦いの始まりです。

 

f:id:rallyjapan2010:20200508222630j:image

灰色サフします。案外塗装ブースに収まります(笑

表面をスポンジペーパーで慣らして
ダメなパーツは合わせ目修正等をかけます。
なお、このキットは結構表面がデコボコなので
サフの後にスティックやすりで整えなおす必要があります。
当然ヤスリを入れたら、また灰色サフです。


f:id:rallyjapan2010:20200508222638j:image

大丈夫なパーツから、どんどん白サフに変えていきます。
白サフをすべて吹き終えたら、いよいよ本塗装にはいります。

今回は、目指せ白サフ完了、です。


f:id:rallyjapan2010:20200508222650j:image

修正したパーツを再び灰サフ。そして白サフへと進みます。
が、この段階でもまだ修正できてないパーツもあったりして
只管作業の繰り返しになる物もあります。


f:id:rallyjapan2010:20200508222646j:image

腕はまだ加工が必要なので、二の腕までは白くなりました。
やっと美しいジュノーンが現れようとしてますね。


f:id:rallyjapan2010:20200508222656j:image

スカートが捲れたままですが、内部にもアーマーが2枚入ります。


f:id:rallyjapan2010:20200508222625j:image

パイドルスピアも作成していきます。
バラバラで作業すると時間がかかりそうなので、今回は接着してからサフに進みます。


f:id:rallyjapan2010:20200508222635j:image

仮組。
結局、手への接続は真鍮線が無難、となりました。


f:id:rallyjapan2010:20200508222621j:image

でっかいベイル(笑
めだったヌケをパテで修正しますが、これもさふのあとにかなりペーパー入れになるのでは・・・
f:id:rallyjapan2010:20200508222708j:image

そして問題のソフビパーツ。
単体では形状は問題ないですが


f:id:rallyjapan2010:20200508222642j:image

組み合わせると驚きの隙間。
いやもうこれは穴だ(笑
まだまだ加工は続きそう・・・・(ゲッソリ


f:id:rallyjapan2010:20200508222703j:image

 腕のアキュート(前期型で、マグロウの首に突っ込んだクロ?)も取り付け角度が決まりました。
ベイルの固定も関係あるので
強度が必要・・・うむむ
真鍮線とおしましたが、塗装後にかなり強力に接着しないとだめです。

 
次回はいよいよ塗装編。

 

ちょっと宣伝

imagins.client.jp

 

 

ジュノーンの、肩

 さて、どうしましょうかね、肩の調節。
まずは、肩を取り外します。

 

f:id:rallyjapan2010:20200505145914j:image
手は、ジャンクのレッドミラージュから持ってきました。
キットのメタルの手あは、すごくちいさい上
軸がスッカスカです!!!!(笑

f:id:rallyjapan2010:20200505145941j:image

邪魔くさいところを、リューターで一気にカット


f:id:rallyjapan2010:20200505145918j:image

すごい合わせ目の段差(笑

厚みがあるので削ることに。
薄かったら、逆にプラ板を貼るところです。


f:id:rallyjapan2010:20200505145922j:image

整形していきます。

おおまかに可動については考察済みです。


f:id:rallyjapan2010:20200505145905j:image

こんなふうに肩位置がきまればいいです。
ただ、なるべく自由に肩は動いたほうがいいので、ボールにします。


f:id:rallyjapan2010:20200505145929j:image

納得。

その他、ヒケについてもパテをモリモリしてるところです。


f:id:rallyjapan2010:20200505145953j:image

肩のジョイントをつけちゃいます。
エポパテは後からガリガリ削りますが、削りは大変なので
ある程度水で成形します。


f:id:rallyjapan2010:20200505145857j:image
そして、肩に内蔵するプレートですよ。

かなり安定もしますし、簡単に角度も変えられますし、左右位置の調整も可能です。

f:id:rallyjapan2010:20200505145932j:image
飛び出たピンは切り取り、裏打ちして頑丈にします。

f:id:rallyjapan2010:20200505145925j:image

初めから決めてあった位置に、ビタっとくっつけます。


f:id:rallyjapan2010:20200505145946j:image

で、やっと自立可能状態になったわけです。
いやぁ、よかった。
結構苦労しましたね(^o^;;;


f:id:rallyjapan2010:20200505145902j:image

横から丸見えなので、カバーを考えます。
どっちみち、肩に内蔵するアーマーはこの段階では取り付け不可能なので
器用に対応することにします。


f:id:rallyjapan2010:20200505145908j:image

もう、完成に向けて各部品を削り始めています。
スジボリもフリーハンドでカリカと作業します。


f:id:rallyjapan2010:20200505145937j:image

完成したら、こんなポーズでしょうかね。
しかし、実はベイルのマウントに非常に困っているのです(笑 

 

 

ちょっと宣伝

imagins.client.jp

 

 

ジュノーンのプロポーション、定まる

きちんと大地に立ったら、仕事が進むはず!
と、ジュノーンを切り刻む日々です(笑 

 前回の続きの、フトモモです。

 

f:id:rallyjapan2010:20200428153313j:image

リューターで内側をガリガリ削り、ボールジョイントを仕込みます。
間接が「一応」二重間接になりますが、まぁ下側のボールは補助かな・・・

レッドミラージュを作っていて一番困ったのが、この間接軸の「ズレ」でした。
完成後にもわずかにスレているようなので、リベンジするならこの膝の改造は必須ではないかと。


f:id:rallyjapan2010:20200428153231j:image

スタイリングバランスの考察の為、腰のアーマーも取り付けて見ます。
取り付け角度、軸位置を考えた結果、このような角度に決定。
これでかなりバランス良くなります。
純正状態ではすごく膨れた感じになりますしね。


f:id:rallyjapan2010:20200428153228j:image

で、お尻のスカートとのラインが、このサイドアーマーのラインと綺麗に一致していくのです。
これで、このお尻の形状のラインに惚れちゃいます。

サイドアーマーは小さめのボールジョイントになりますが、その軸位置は純正位置でOKです。嗚呼、納得。


f:id:rallyjapan2010:20200428153324j:image

では、スネ以下を作って行きます。
とても足首が不満だったんです。
つま先が長すぎるので。
ツィッターでうまくバランスとっている方がいらっしゃったのですが、好印象でしたので僕もやってみます。
(とは言え、それしか方法がないかな?とも思いました)


f:id:rallyjapan2010:20200428153327j:image

先ほどの腰アーマーのラインです。
接着するわけにはいかないのですが、腰アーマーの背面のラインが
スカートのラインにぴったりですので
「線が綺麗なジュノーン」という印象を再現できそうで嬉しかったなぁ。

・・・話を戻しますw

f:id:rallyjapan2010:20200428153310j:image

スネに隙間が空いてしまう、という状態を散見したのでほぼピッタリになるように接着したつもり。
少しくらいの合わせ目は、まぁ消せばいいのです。

それよりヒケのほうが多い気がしますよ、足。


f:id:rallyjapan2010:20200428153320j:image

作らないつもりだった、パイドルスピアに手を付けました。
僕のジュノーンのパイドルスピアはソフビなんです。


f:id:rallyjapan2010:20200428153240j:image
そして、写真では解りずらいのですが
やっぱりゆがんでいます(^-^;;;;
いやだ!きちんと整形したい!
・・・・・後でね(笑

f:id:rallyjapan2010:20200428153336j:image

フトモモとのジョイントです。
最終出来には接着となるのですが、最後の最後まで差し込み式です。
まだバランスみて短くするかもしれません。


f:id:rallyjapan2010:20200428153235j:image

下から見ると、膝の強度の為にエポパテを詰めています。

また、合わせ目に対しても少々エポパテを盛ります。
レッドミラージュの作成の時、この辺りはあとから割れるもので・・・・
悲しい思いをしませんように(^-^;;;;


f:id:rallyjapan2010:20200428153332j:image

足首もボールに変換。
もう容赦なくリューターでガリガリ削ります。
二重間接なのは、もともとではあるのですが
もっと自由度が増しますよ。

f:id:rallyjapan2010:20200428153255j:image

パイドルスピアのゆがみは、お湯と冷水で作業。
ネットでソフビの変形の修正を調べたら、数分お湯につけるのですが
柔らかくなったらすぐに正しい形で冷水に突っ込んだ方がいいです。
めっちゃ柔らかくなりそうでした。
まぁ、結構瞬間芸でした(^-^;


f:id:rallyjapan2010:20200428153303j:image

足首はまだですが
いよいよ立たせることができるように。
パイドルスピア、長いなぁ・・・

分解できるようにしないと、展示会に持って行くのに難を感じます(笑


f:id:rallyjapan2010:20200428153247j:image

足首のボールは仕込みが完了です。
こちらも裏からエポパテの固定を行っています。


f:id:rallyjapan2010:20200428153243j:image

本体側のボールジョイント取り付けも。
エポパテのおかげです・・・・って、ただ無造作に仕込んでいるわけではないんです。
ちゃんとプラ板や、元の軸に正しくフィットするように加工しつつ、です。
そうしないと、こういう仕込みはズレまくって
まっすぐたてないようになりますからね(^-^;


f:id:rallyjapan2010:20200428153317j:image

そろそろ、一回つなぎ合わせて立たせますかね。


f:id:rallyjapan2010:20200428153306j:image
ををっと!
やっとモーターヘッドっぽくなりました。
足もかなりハの字にできますし、腰アーマーの膨れも後ろに流してバランスとりましたので
とってもお好みのスタイリングに。
実はこの段階で足首が気に入らなかったら、つま先をツメようと思っていました。


f:id:rallyjapan2010:20200428153340j:image

肩アーマーも検証しますから、腕を仮組してはめ込んでみます。

悪くないようで・・・・肩が微妙です。
やはり、もっと内側に寄せて和すかに跳ね上げが必要ですね。


f:id:rallyjapan2010:20200428153251j:image

後ろも美人になりますように!(笑

 

 

ちょっと宣伝

imagins.client.jp